健康茶の作り方

健康茶の通販RANKING

健康茶の作り方は、原料となる薬草を採取して日干しや陰干しなどを行い、乾燥させるのが一般的です。

健康茶TOP > 作り方

健康茶の作り方

健康茶の作り方は難しいものではありませんので、原料となる薬草を採取できれば誰でも簡単に作ることができます。

薬草を採取する際には、採取してもよい土地に生えている薬草かどうか、農薬などの汚染がなく薬草として使うことのできるかどうかを確認して行うようにしましょう。また、薬草によっては毒草と似たものもあるので、確実に薬草とわかるもの以外は使わないようにしてください。

採取した薬草は、水洗いして土や汚れを落とし、虫などがついていないかチェックします。そして十分に水気を切って乾燥させます。

乾燥した薬草を細かく刻めば健康茶の茶葉となります。普通の緑茶を淹れるように煎じることで健康茶を飲むことができます。

原料によって作り方を確認

健康茶の作り方は、もちろん原料となる薬草によって異なります。健康茶といっても植物の葉を原料としたものや、種を使ったもの、茎を使ったものなどさまざまです。

葉を原料としたものは、一般的には洗って日干しにするのですが、中には直射日光に当てることで薬効成分が弱まってしまうものもあります。こういった薬草は、陰干しにするようにしましょう。

薬草の成分を十分に生かせるように、若葉の頃など栄養価が高まる時期に採取するのがおすすめです。同じ薬草でも、採取する時期によって薬効成分の含有量はかなり異なります。

種を原料としたものは、乾燥させるだけよりも、煎ることによって栄養価が高まったり風味が良くなる場合があります。その原料に応じた作り方を調べてから健康茶を作るようにするとよいでしょう。

健康茶の保存

湿気は健康茶を変質させたり風味を損なう恐れがあります。湿気によって虫が湧いたり、カビが生えたりすることもあるので注意しましょう。

保存する場合には、紙袋や茶袋など湿気を逃がすことのできるものに入れるか、乾燥剤を入れたビンや缶に入れるようにします。ビニール袋などは、湿気が溜まりやすいので健康茶の保存には向きません。

容器に入れた健康茶は、直射日光を避けて風通しの良い涼しい場所で保存するようにしましょう。

小林製薬【特撰杜仲茶】

初回10%オフ!厳格管理・無添加で 安心・安全な杜仲茶。送料0円
www2.kobayashi.co.jp

京都やまちや【なたまめ茶】

不快感スッキリ、口臭とさようなら! 2袋以上のご購入で送料無料で大満足
yamachiya.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 健康茶の通販ランキング All Rights Reserved.